Search

sandalo

sandalotop5

 

 

bis4

alotofsandalo

explane05

 

フィットするサンダル”

ほどよい太さの革ひもが足の甲を包むように交差するデザインのsandalo。

サンダルらしいラフな表情を持ちつつ、

上質な革の質感でフォーマルにも履いていただける一足です。

 

甲やかかとを包んでいるこの革ひも、

ぱっと見ではわかりませんが実は1本につながっています。

長い革ひもが3層になった底の内側を通っていて、

表面に出ている部分を引っ張ることで調整ができる構造です。

 

explane1

 

まずはお客さまの足の長さや幅に合わせてお作りします。

完成したら実際に足を入れていただき、

革ひもを引いたりゆるめたりして

複雑な足のカーブに合わせて調整いたします。

 

※構造上、ソールの形を変えることはできかねます。あらかじめご了承ください。

 

18,000円(本体価格)

 

サイズ:20.0〜25.5cm

 

★目次がほしい

 

・使用する革とカラー展開

・ソールの構造

・サイズと履き方

・おまけ

 

 

【使用する革とカラー展開】

 

sandaloは、革ひもと中底の色をそれぞれお選びいただけます。

 

★A〜Dを説明する写真

 

A(足全体を包む革ひも)

B(くるぶしを包む革)

C(中底のかかと側)

D(つま先〜土踏まず部分の中底)

 

 

A、B、Cは以下の牛ヌメ革を使用しています。

 

・栃木レザー

 

★栃木レザー色見本の写真

 

日本一の品質を誇る、牛ヌメ革(ベジタブルタンニンなめし革)の専門メーカー。

ミモザの樹脂により丁寧になめされた革はしなやかで丈夫、

年月を経るにつれて味わい深く変化します。

sandaloでは、落ち着いた色合いの10色からお選びいただけます。

 

 

・そのほか

 

★色見本の写真

 

栃木レザーのほか、国産牛ヌメ革を11色ご用意しております。

足元を明るく彩ってくれるパステルカラーもおすすめです。

 

 

Dの革には起毛革を使用しており、

3色(ヌメ、チョコレート、黒)からお選びいただけます。

 

★色見本の写真

 

※指股部分には、肌あたりをよくするために透明のゴムをお付けしています。

(サンプル写真には付いていません)

 

 

【ソールの構造】

 

足に触れる側には起毛革、地面に接する側にはゴム底を使用しています。

ゴム底に使用するのは合成クレープ素材にコルクを混ぜ合わせた素材で、

しなやかに曲がりクッション性も高いのが特徴です。

見た目もナチュラルで、ヌメ革の雰囲気を損ないません。

 

また、起毛革とゴム底の間には衝撃から足を守る高密度ウレタンフォームをお入れしています。

 

★ウレタン写真ほしい

 

 

【サイズと履き方】

 

ご来店が難しい場合は、以下を参考にご自分のサイズをお選びください。

 

※カッコ内は、長さ/幅の順で単位はmm

 

★サイズ表入る?

 

 

sandaloは、革ひもを引いたりゆるめたりすることで調整できるサンダルです。

お手元に届いたら、以下の順でご自分の足に合わせて調整してみてください。

一度調整したら、結び目をほどかずに脱ぎ履きしていただけます。

 

 

足を入れて指股の位置を合わせる(食い込まない程度がおすすめ)

★にある結び目をほどいて、かかとに革ひもを合わせる

1から5の順に革ひもを引いて足にフィットさせる

(革ひもが引きにくい場合は、引く位置を前後にずらしたり中底の穴を押さえてみてください)

革ひもを★にある穴に内側から通して下から上に出し、さらに輪の中に通す

余った革ひもに注意しながら少し歩いて、以下の点をチェックしてみましょう

・くるぶしを包む革が外くるぶしに当たっていないか?

→気になるくらい当たっている場合は、内側を引いて外側を少し低くしてください。

・指股は痛くないか?

→足の位置を全体的にうしろにずらして、もう一度調整してみてください。

透明のゴムが当たる場合は、少し上に持ち上げてみてください。

・外くるぶしの前にある結び目が当たっていないか?

→ラジオペンチなどでつぶすか、甲に近い位置に結び目がくるように革ひも全体をずらしてもう一度調整してみてください。

余った革ひもを結び目から5cm前後残して、斜めに切る

 

 

※足のサイズは少しずつ異なります。当たるように感じる時は、その前後の革ひもを引いたりゆるめたりしてご調整ください。

 

 

 

【おまけ】

★ブレスレット写真

 

サンダルと同じ色のブレスレットをおまけでお付けします。

ぜひ合わせてお使いください。

 

 

 

 

 
フィットできるサンダル”

足にあわせられるサンダルになります。

1本の長い革のレースが、中底ごと足を包み込みます。

革のレースは途切れることなく、中底の内側をとおり、引っ張りあげることにより足に巻きつけるようにして合わせていきます

サイズ 20.0~25.5cm ¥18000

explane1

purple02

yellow04

navytochigi05

 

nume04

green06

choko05

red05

blk04

yoak05

brown00

orenge05

bianco0511

 

足を入れていただいた後に、革のレースをひいて、ゆとりを作ったり、締めたりして、調整することができます。

*既製でつくられている一般的なサンダルに比べて、フィット調整できるようにおつくりしておりますが、底面(中底や本底)のカタチを変えることは出来ませんのでご了承くださいませ。

 

bis4

いろいろな色をお選びいただけます。
4箇所えらべます。全て別々の色にしていただくこともできます。

A(中敷前半分の起毛革)
B(足全体を包み込む細めのレース革
C(少し幅広のくるぶしにくる革)
D(中敷踵側のロゴマークのある革)

choice

BとCとDの革はこちらから、それぞれ色を選べます。

sandalocolor
栃木レザー
牛ヌメ革 (ベジタブルタンニン鞣し革)を専門に製造しており、日本一の品質を誇ります。
しなやかで丈夫(堅牢)であり、ミモザの樹脂によりなめされた革は年月が経つにつれて、
味わい深く変化していきます。
落ち着いた色合いです。

tochigireza

 

 栃木レザー以外の革もございます。パステルカラーは明るい楽しい色合いです。(牛ヌメ)

 

sandalocolor2

 

A(中敷前半分の起毛革)の革はこちらから。
ヌメ色 チョコ色 黒色の3色あります。

 

insolecolor

bis4
底(ソール)以外は全て牛革のヌメになります。


3層構造の内部には高密度うウレタンフォームが入っており、衝撃から足をまもります。


サンダル自体柔らかく、90度に屈曲できるよう作っております。かえりの硬さが歩行を妨げることがないようにいたしました。


底(ソール)は、見た目の雰囲気の良さと機能を考慮し、クッション性の高い合成クレープ素材にコルクを混ぜ合わせたものを使用してあります。

yoak03
また、指股のところには、足あたりをよくするために、透明のゴムが付いています。(サンプルの写真は付いていない状態です。)

 

bis4

サンダルと同じい色のブレスレットも一緒におつけいたします。
buresu
サンダルとい一緒にああわあ合わせてお使いいただければと思います。

bis4

サイズについて。


size

 

表記の仕方は、size(長さ/幅)の順になっております。
長さと幅の単位はミリになっております。

20.0(217/86) 20.5(222/88) 21.0(227/90) 21.5(232/91)
22.0(237/93) 22.5(242/95) 23.0(247/96) 23.5(252/98)
24.0(257/100) 24.5(262/101) 25.0(267/103) 25.5(272/105)

bis4

革レースを調整して、足に合わせましょう。(写真は右足です)

ゆるめにお作りしてございますので、足を入れて、はじめに、1(指股)の位置を合わせます。

2の結び目をほどきます。
3→5→7→9の順番で引っ張っていきます。
2に戻り、結び目をつくり(反対足の結び目を参照してください)、長さの余ったところをハサミで切ります。

引っ張るのには少し力が必要かもしれません(サンダルに体重がかかっている状態ですと引っ張れないので、座って作業をしてください)。

*下の写真は、説明のため、底の付いていない状態です。
setup10(くるぶしにくる革)もつながっていますので、引っ張ってあげると、内側と外側の高さがかえられます。(通常は、外くるぶしのほうが、内側に比べて下がっています)

 

2の結び目が当たる場合は、結び目の位置を前にずらしていただくか、10くるぶしにくる革)の高さを変えていただくと改良されるとおもいます。 また、結び目を潰していただいてもよろしいかと思います。

yoak01 orenge03green03purple04choko04nume03red02

bis4

© 2019 circoloチルコロ . All Rights Reserved.